共謀空間FC

己の中に別なる己を持て。汝の心は汝のものに非ず。

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

傲慢と狡猾。

 ちょいと時事から一くさり。


 担任教師などから非常に厳しい叱責を受け続けた中学生が遂に自殺し、学校側が批判の対象となってるのは周知のとおり。
 少し前にも給食を無理やり食べさせて嘔吐させた教師の事とか報道に上がったわね。
 こういうことは昔からあったのだろうけれど。問題視されるようになったのは割と最近のこと。

 ―昭和世代の方々「軟弱になった」とか思うなかれ。人格を否定されるような事までされてはそりゃ死にたくもなる。それを乗り越えてこその成長だ、とかいうのはブラック企業の思想と同じであるよ。そういうのは成長と言わない。剪定と言うのだ。

 どうもね。維新後150年経っても封建意識がこびりついてるこの国に於いては。
 相手とその周囲の事を慮って「叱る」ことと、ただただ自身の感情に任せて「怒る」ことの区別をつけるのが下手糞なんじゃないだろうかね。
 行う側にしても、受け取る側にしても。
 だから、躾と称して単なる虐待を繰り返す大人や反抗意識から歪んでゆく子供が跡を絶たんのではないか。


 子供に出来ないことが多いのは仕方がない。絶対的経験値の足りなさは誰にもどうすることも出来ない。
 だから、その足りなさをフォローしてやる大人が必要になる。
 
 そのフォローがね、あまり上手くない国民性なのよ。多分。いわゆる「先進国」の中ではとりわけ。
 少子化の原因とかこの辺にもあるんじゃないのかね。
スポンサーサイト
by
  • Comment:0
  • Trackback:0

とりあえず買ってきただけ。

IMG_1787.jpg
 今日のところは組み立てる時間が取れなかったよ…

 レビュウは明日以降。
by
  • Comment:0
  • Trackback:0

仮面の下の本心。

 この時期は暑さ寒さが綯交ぜになる時期だとはわかってるつもりだが、
 この薄ら寒いのはいじけてしまうなぁ。

 冷たい秋雨に降り込められた日曜日。
 恒例・ヒーロータイムレビュウ。


 『仮面ライダービルド』。コウモリ男ナイトローグのそんなに意外でもない正体が判明した一方、どうやらブラッドスタークが潜在的な味方であることがほぼ確定した回だったのではないかと。戦兎達が北都に抜ける手助けをした上、葛城の母の信頼を得るための青鬼役も演じて見せ、更にベストマッチに繋がるボトルまで提供するのだから。当人には当人の目的があるのかも知れんが、実質戦兎達のフォローになってるのは間違いのないところだろう。そしてお話の始まる切っ掛けとも言えるキーキャラクター葛城巧にようやく迫る。人によって評価が全く違う「悪魔の科学者」。その真実が物語の最初の謎の鍵になってるんだろうね。相変わらず状況はサクサク進むが、どうにも肝心なところを等閑にし続けてる感じで見ててちょっともやもやする。


 『宇宙戦隊キュウレンジャー』。前回戻ってこなかった過去残留組チャンプの出自を今更ながらに描く。300年の時を稼働し続けてたことになるけど肩のマントがぼろぼろになってたくらいだね。自身がジャークマターのロボとして作られたことに思い悩んでの帰還となったわけだが、まぁ敵出身の戦隊メンバーなんてそんなに珍しくはない。むしろ何でアントン博士がジャークマターを離れたのか、何でチャンプがこうも義侠心に溢れるロボットになったのかにもう少し思いを巡らすべきだとは思うが、それは追々語られるのかね。かくして久々に12人そろった宇宙戦隊。次回から敵の本拠地目指しての星の旅になるのかね。
by
  • Comment:0
  • Trackback:0

Incense box。

 猫のこの姿勢を「香箱」と表現したのは誰なんだろうなぁ。
 IMG_1786.jpg

 この、四肢を全て身体の下に折り込んでしまう姿勢はすぐに動けなくなるため、全く安全な状況でないと取らないそうで。
 リラックスする際の恰好なのだそうだ。

 猫にとっては安らいでることを示す状態。
 見た目にも丸っこさが強調されて大変宜しい。箱には見えんけどね?
 IMG_1785.jpg
by
  • Comment:0
  • Trackback:0

正常化バイアス。

 先日からブラウザの挙動が悪いとか書いていたが、
 結局今月のUDが終わったら普通に動くようになっていた。

 …やっぱりそのせいかよ。
 世の中はUDダウンロードの影響なんか気にならないスペックのマシン使ってるほうが普通なんかね。けっ。

 ところでFlashソフト更新すると付いてくることの多い某魔訶不意セキュリティスキャンソフト。
 そこそこスタンダードなメーカー品故そのまま置いておいたのだが。
 何だか最近やたらと存在感を主張する上動き出すと挙動が重くなる。
 調べると実質有償ソフトを買わせるためのアドウェアで殆ど物の役には立たんというので、
 ようやくにして削除したのだった。

 一時期Web脅威には痛い目にあってたのでこういうものの類には神経質になってるのだが。
 その足元を見られてるようで業腹である。